North Land's News

アクセスカウンタ

zoom RSS マドリード・オープン決勝 ナダルとティエムの熱戦対決

<<   作成日時 : 2017/05/15 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マドリード・オープン決勝は
ナダル対ティエム
バルセロナに続きました!
ティエムは好調で、ガッツがあります。

夜中の1時からの開始だったので、
開始前にひと眠り、と思ったら
寝過ごしました。
第6ゲームになっており、えー。負けている!
2−3になっていたところ、
守備をいかしてブレークバックしてました。
さすが。
次のゲーム、結構厳しかったのですが
最後はドロップでキープ。
その後も拮抗したゲームが続く。
ティエムは攻める。
ナダルは守る。
サービスも良かったですね。
ドロップもタイミングよく使ってます。

第1セットはタイブレークへ
お互いセットポイントを握るが
いいプレーも出て
イーブンに。

ティエムのセットポイントを凌いだナダルが
サーブポイントで
ストレートに攻めてセットポイントを握り、
ティエムのサーブポイントで、ストレートに攻めたのが
アウトし、
第1セットは7−6でナダル。

第1セットで拮抗して取り切れないと
第2セットは気持ちの立て直しが重要です。

第2セット第1ゲーム
ティエムのサービスゲームをナダルが攻めてくる。
その後はティエムにミスが出て
ここをナダルがブレーク。

この1ゲームUPを続けて
ナダルが粘り、ついに第10ゲーム
このゲームでティエムが意地を発揮。
2ブレークポイントを握る。
が、ナダルはここでファーストサーブをきっちり入れて
イーブンへ。
その後も力んだのか、ミスもあってブレークポイントを握られるも
粘るナダルがドロップを生かして
最後はボレーで締める。

7−6、6−4でナダル優勝です!
ATPマスターズ1000大会では30勝。ジョコビッチと並びました。

本当にクレーコート3連勝という凄さ。
ベテラン勢が勢いがないものの、
若手も伸びてきている中、
価値ある勝利だと思います。

というか、本当にやっとここまで戻ってきて、
自信を取り戻してきたなあ、という印象です。
正直、怪我からの復活にはだんだん時間がかかって
きていましたし
精神的にも難しい時期もあったと思います。
でも本当に戻ってきた。
素晴らしい精神力ですね。

ティエムも2戦続きで決勝ですから
素晴らしい選手です。
まだ23歳ですよ。

優勝がすんなりできるものではないから
決勝戦の経験というのも大事。
ティエムはクレーコートのほうが強さを発揮できそうですね。

さて5月はあと2試合
イタリア国際と
月末からいよいよフレンチ・オープン
ますます目が離せないクレーコート大会です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マドリード・オープン決勝 ナダルとティエムの熱戦対決 North Land's News/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる