North Land's News

アクセスカウンタ

zoom RSS 全仏オープン ナダル4回戦勝利、錦織は韓国若手選手に苦戦

<<   作成日時 : 2017/06/06 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

全仏オープン
ナダルが快調です。
4回戦のバウティスタ・アグート戦で
第1セット5−0とリード。

おそらく相手は、その前のナダルの試合で
バシラシビリが1ゲームしかとれなったことについて
ふと頭によぎったかもしれない。
このままでは。。。というような。

それでバウティスタは1ゲームとって何とか1ゲームとったものの
第1セットは6−1
でも第2セットからは粘っていますが
結果6−1、6−2、6−2でナダルの勝利。
安定していました。

錦織の3回戦 チョンに2−1、第4セット0−3の時点で
雨による順延となりました。
少し体調もよくなかったと思いますが
0−3のところで
錦織がラケットを叩きつけて折ってしまう。
もちろん自分に対してのイライラなのでしょうが
これはいかがなものか。

テニスは相手がいてからこそプレーができるし、
審判も公平にジャッジをしてくれているし
いろんなまわりのスタッフに囲まれてやっています。

体調が悪いのか、調子が悪いのか、何にしても
ラケットを壊してしまうというのはやりすぎなもの。
TOP選手だからといって、そのような態度はどうかと思いました。

TOP選手もいつも100%の状態で試合ができるわけではない。
そんなにいい試合をやってしまうとすぐに体のほうが壊れてしまいますしね。

プロ選手である限り、いいプレーをしたいだろうけれど
そういう試合ができないこともある。
ナダルも本当に故障したりしてからの復帰には時間もかかっています。
でもここでクレーコートに照準を合わせて戻ってきています。

錦織は今はまだ我慢の時期なのかもしれませんね。
調子が悪いときにはどう勝つか、も含めて
精神的にまだまだ、という感じがしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全仏オープン ナダル4回戦勝利、錦織は韓国若手選手に苦戦 North Land's News/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる