French Open ナダル ナイスゲームで4回戦勝ち進む!

French Open 4回戦。このあたりまでくると「えっ!」と
というシード選手のダウンが起こります。
今年はマレー。
昨年のナダルの敗退も記憶に新しいところ。
だから、どんなに順調でも4回戦超えるまでは見守って
いました。
今年のナダルは、クレーキングが戻ってきています。
2回戦はTV放映がなくて、それ以外全部見ています。
だんだん、ギアが上がってきています。

3回戦のレイトン・ヒューイット戦もなかなか
いい試合でした。夜中からだったので、うたたねしてたら
何とファーストセットのファーストゲームを見逃し!
いきなりヒューイットがブレークしたらしい。うわー。
そのあとナダルもブレーク返しでのスタートだったのですが。
ヒューイットのアグレッシブなプレーが良くて、見応えが
ありました。
あと1ポイントを取るときの集中力。
TOP1、2になるためにはそれが必要なんだなーと
思いました。
セットカウントは
6-3,6-4,6-3 ですが、ヒューイット頑張りました。

4回戦。トーマス・ベルッチ(ブラジル)22才。若い!背が高い。
188cmということだったので、ジョコビッチと同じくらいでしょうか。
上り調子というベルッチはストロークが深くて、クレーが得意、
というのがよくわかりました。

試合は最初が肝心ですが、まだ若いだけあって、最初の
サービスゲームをナダルがブレーク。
いきなりダウンから始まる。
しかし第4ゲームでベルッチがブレークバック。やるなー。
ストロークが深いんですよね。
しかしそのあとまたまたナダルがブレーク。
ということでブレーク合戦ですが、ファーストセットは
ナダル6-2

でも第2セットからラリーも続くし、白熱したいいゲーム。
ナダルはクレーコートの試合ではセオリー通り
自分のやりたいようにやっていることが多いので
全然ぶれないし、負ける気がしない人です。
このベルッチもすごーく頑張っていました。
強くなる選手です。
あと一歩というところで、先行したいために打つ手で
自らミスをしてしまう。
そうしないと勝てないから、でもあるので、
アグレッシブでよいと思いました。最後まで
あきらめていなかったし。
だからナダルも1ポイント1ポイント考えてやっていましたね。
スコアだけ見ると
6-2,7-5,6-4 ですが、面白いゲームでした。
お互いの良さを出しているゲームですね。

こうやって次の世代の選手につながっていくので
しょうね。

ヒューイット戦のときだったと思うけど、
ナダルが「回転レシーブ??」みたいなことをやって
いましたね。ナダルのフォアに走って打ったあと転がって
1回転して起きていました。すごい身体能力です。





さらに前を見ているナダル。
次は準々決勝でアルマグロ(スペイン)戦ですが、
この相手はやりにくい選手です。慣れているとは思うけど。

ナダルの誕生日が6月3日なのですよ。
勝って、誕生日を迎えられるのか?
応援しなくちゃ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント