夏休み 立山黒部アルペンルートの乗り物づくしの旅 (8/21更新)

お盆の前に早くも夏休みをとってしまいました。
今年は山。立山黒部のアルペンルートを通り抜けて
みました。
前日は宇奈月温泉でトロッコに乗り、黒部峡谷を
堪能。温泉にもつかり、翌日にアルペンルート。
どちらからスタートするか?と考えたときに、関東から
なら長野側から信濃大町経由で扇沢から入るのが
近いのですが、私としては富山からケーブルカーと
バスに乗って、周りの景色を見ながら登っていくのが
ベストルートだと思っているので、そういうプランで
組んでみました。
JRなどの乗り物と宿泊を組み合わせたフリープラン
です。

平日ということもあり、あまり乗り物も思ったほど混雑
しておらず、スムーズに予定通りいけてよかったです。

まず朝は富山地方鉄道略して地鉄の特急アルペン立山号
に乗り、宇奈月温泉から立山に向かいます。
2両編成で指定と自由があり、指定席に乗りました。
この日は空いているので、比較的すいている感じ。
電車の中にガイドさんのような人がいて山を
説明してくれたりしました。
画像


電車は1時間20分ほど。立山駅についたら、
ケーブルカーに乗ります。かなり急こう配。
7分程度乗って、美女平という駅につきます。
画像


美女平から高原バスに50分ほどのります。
このバスからの車窓風景が
見事です。窓側でなかったのであまり写真は撮れませんが
2000メートル超の室堂までバスで行くのですから
すごいものです。
滝のところでは写真撮影のために停止してくれました。
画像

途中、海も見えます。
そびえたつ山々があり、周りの高原地帯、眼下に広がる
都市とその向こうの海。
高い場所はそれだけで、視点が変わります。

そして室堂にはお昼ちょっと前に到着。
立山の頂上である雄山が見えます。
山は涼しくてとても気持ちがよかったです。
画像


高山植物も咲いていました。
画像


室堂から散策できるようにルートがいくつかありますが
今回の同行者は母たちなので、あまり遠くへはいかず
近辺の散策だけをしましたが、天気もよく十分山の
良さを堪能できました。

この後、立山の中を通るトンネルを通るトロリーバスで
大観峰へ向かいます。バス10分ほど。
電気のバスです。ここはお昼すぎ13時台でしたが
並んでうまく座れることができました。
画像


大観峰からはロープウエー。ここの眺めも見事です。
トロリーバスを降りてから、少し眺めを楽しんで
団体客が通り過ぎてから乗ったので
とても空いていました。
画像


黒部平からは、ケーブルカーで黒部湖に向かいます。
ここは外は真っ暗。ここもかなりの急こう配です。
画像


ここで黒部ダムを歩きます。
ダムは高い!迫力満点。
画像


ダムで少し一休み。
コーヒータイムならぬ、ビアタイム。
暑かったので!

その後はトロリーバス。これは立山のところとほぼ
同じなので写真はなし。扇沢まで出て、トロリーバスを
降りたら普通の路線バスで、温泉郷まで行きました。

朝10:30出発で、夕方の16:50くらいに到着。
ほぼ予定通りでした。

旅行記をHPにまとめました。
こちらもぜひご覧ください。

楽しい休みでしたが、休みってたくさんあるように思えてもあっと
いう間ですねー。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぽっちゃりキング
2010年08月27日 22:28
富山側から入るなんていいプランですね。
立山黒部アルペンルートは一度は行ってみたいんですよね。室堂と大観峰はどっちがおススメですか?
northland
2010年08月28日 14:43
大観峰と室堂は全く違う風景です。大観峰は黒部側の景色が見えますが、室堂の立山の景色のほうが好きですね。山好きならアルペンルートは立山の途中のホテルかどこかに泊まって山の中や高原歩くのをオススメします。山の上で見る風景は下界のもろもろを忘れさせてリフレッシュさせてくれること間違いなし。