ATP LONDON ファイナル 攻めの強さでフェデラー勝利

決勝はナダル対フェデラー
今年のグランドスラムで実現できなかった対戦が
ここにきて最終で実現とは。本当に2010年のツアー
シーズンの締めくくりに素晴らしいカードでした。

フェデラーの調子はここまで抜群で、みんなが脱帽。
この最終戦にかける意気込みが凄かった。
かたや、ナダル。ロディックとの初戦でフルセット。
準決勝のマレー戦でもフルセット。
最終戦でも毎回、1試合ごとタフな試合です。

決勝の対戦は嬉しかったです。
どちらもそれぞれの良さを発揮してましたね。
第1セットフェデラーが6-3 好調さをアピール。
ナダル大丈夫か?
第2セット フェデラーのサーブが入らないとみるや
しかけるナダル。ブレークしてそのまま逃げ切る。
1-1です!イーブンに戻す。

第3セット タイブレークまでもつれるのか?と
思いきや、フェデラーが速いしかけ。前に出る積極的な
姿勢が勝利を呼び込んでいたと思います。
第3セットは6-1で一気にフェデラー。

フェデラーさすがです。うまいです。ナダルをよく知っている
からこそ、考えた戦法ですよね。
ナダルもよくやってくれました。
形勢不利でも逆転する力、ここまでにたくさん見せて
くれました。驚くべき精神力。
2人並んでのショットは本当に久しぶりです。



これでシーズンは終了。
オフにはゆっくり休んでほしいですね。




この記事へのコメント