鍋と日本酒 「臥龍梅」と「十四代ふな垂れ」

寒い時期には鍋ですね。鍋とくればやはり日本酒。
先週は鳥清さんで鍋物メニューが増えてました。
まずは日本酒は新しいもので、静岡のお酒
「臥龍梅」(がりゅうばい)純米吟醸 超辛口。
画像

たしかに辛口ですが、ちょっといつも飲むタイプのお酒と
違う感じでした。鍋にはあいそうでしたね。色は透明。
画像

この日は結構寒くて、温まるようにということで
鍋物にしてみました。キムチ鍋なのですが、鍋は
味噌味でして、そこにキムチを入れて食べるという
オリジナルな鍋。味噌味があったまるし、おいしかったですよ。
最後に雑炊にもできます。
画像

そして、今年は飲むのは少し控えめにしよう、と思って
いるものの、十四代のお酒で「ふな垂れ」が入っていたので
つい頼んでしまいました。「ふな垂れ」とは、搾ったままのお酒
ということで、おりが少し入っていますが、フレッシュなままの
お酒です。色もすこしにごり系ですが、通常のきれいな十四代
よりも原酒に近いので味わい豊かな感じでした。
画像

冬の鍋の季節には日本酒が進みそうですね。

この記事へのコメント