調布の「串えん」で震災復興のお酒「磐城壽」を飲む

厳しい暑さが雨のために昨日から一息つきました。
お盆前後の暑さはかなり厳しいものでした。
冷房のために風邪気味になったり、暑さバテも
しましたが、先週末は少し元気を取り戻して飲みにいきました。

調布の「串えん」は甲州街道沿いにある焼き鳥屋さん。
地酒もおいていますが、今回は東北応援でした。
秋田の「刈穂」なのですが、
「超弩級+25度 気魄(きはく)の辛口」というのがありました。
名前がすごいですが、これは飲むしかないでしょう。
辛口でしたが、純米生原酒なので、まったりとした
感じもあります。かなり飲みごたえある感じでしたね。

画像


サラダやゴーヤーチャンプルーもおいしいですが、
食べ物の中心は焼き鳥。
チーズ焼き鳥。チーズも日本酒にあいますね。
画像


珍しいものとしてはハラス串焼き
なかなかいいと思うのですが、ちょっと
塩が効きすぎていたかも。
画像


焼き鳥があるとお酒も進みます。
今度は福島のお酒「磐城 壽 (いわきことぶき)」
地震復興純米酒。純米で、まさに日本のお酒らしい味です。
まろやかで焼き鳥にあいます。
ラベルは昔からのものなんだろうなーという歴史を
感じます。
画像


鈴木酒造の双葉郡浪江町にあった蔵は地震のとき
津波で流されてしまったそうです。
しかし、蔵元が別な場所で何とかやって作ったお酒。
まさに復興ですね!
飲むことで少しでも応援できたら、と思います。
画像

この記事へのコメント