ロジャーズ・カップ準決勝 ナダルがフルセットでジョコビッチに勝利

日曜の朝から準決勝、しかもナダル対ジョコビッチの
対戦なので、見逃してはいけない、と思っていたものの、
起きたらもう始まっていました。
焦る。。。
しかも第1セット第1ゲームからナダルのブレークチャンス。
30-40になっている。
ここをジョコビッチがなんとダブルフォルトで落とす。

第2ゲームのナダルのサービスゲームは反対にジョコビッチが
0-40とブレークチャンス。
そこをナダルがしのいでこのゲームをキープ。
いやいや第1セット序盤から、ドキドキハラハラです。

今回のナダルはサーブがよい。センターにエースを
入れる。
そして展開が早い。長いラリーだとジョコビッチに押されがちに
なるので、自分からの展開、攻めを早くしている。

第1セットは2ブレークに成功したナダルが4-6で勝利。
第2セットはジョコビッチも落ち着いたプレーになり、
お互いの駆け引きがあるが、 第8ゲームでナダルが40-0だったのに、
そこから積極的な攻めを展開してここをブレークし、
第2セットはジョコビッチが6-3

試合は第3セット ファイナルへ。
ジョコビッチのペースになりかけてきたが、ナダル
も負けじとペースを速めてきて
いいショットを打っていました。

前に出てボレーも打つ。
アグレッシブでした。

両者キープでタイブレーク。緊張するなー。
タイブレークはナダルのサーブからスタート。
このポイントはきっちりとる。
第2ポイントジョコビッチのサーブのポイントを
ナダルがスライスを混ぜて攻めて取る。
第3ポイントもナダルがとり、ナダルのサーブポイントへ。
第4、5はナダルファーストサーブが入らず、
危うい感じもありましたが、ジョコビッチが決め球を
ミスし、
なんと6-0とナダルのマッチポイントに!
ここでジョコビッチがストレートウィナーを決めて
意地を見せる。
もう1本ナダルのサーブもポイントをとり、 6-2に。

第9ポイントはナダルのサーブからの展開。
ここでジョコビッチがアウトして、
ナダルが勝ちました!



2時間28分
サービスエースがなんとナダル7本!
ナダル、センターのエースが多かったです。
相手のセンターに入れて、展開するパターン。

ジョコビッチは8本。ジョコビッチはワイドが多かったですね。
ワイドに入れて、ストレートに展開するパターン。

いやー、両者ともいいプレーが出て、見応えがありました。

途中、ナダルはがドロップショットを打ち、ジョコビッチが
追いついて拾い、次のナダルのボレーがジョコビッチの
正面に行ってしまい、肩に当たるシーンがありました。
真正面だったので、ナダルは謝ってましたけど、
ジョコビッチは驚いていましたね。

試合終了時の握手のときにもナダルは謝っていました。
たぶん、この時のことだと思います。

全体を通してジョコビッチ勝つための戦略をすごく考えているな、と
感じました。
勝ったことでナダルはこれでかなりハードコートにアジャストしてきて
いて自信になりそうですね。

あー、しかし、これもまだ準決勝。決勝ではないんです。
次は地元カナダのラオニッチとの決勝。
長身のビッグサーバーです。
油断禁物です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント