2014全豪オープン4回戦 錦織がナダルと激闘

全豪オープン4回戦 
錦織 対 ナダル ここで当たるのは
もったいないかもしれないな、と思う対戦。
この対戦はちゃんと録画をしよう、と思い
3時間コースにしていました。

最初のセットからの錦織が積極的かつ
考え抜いたプレーをしている。

ナダルはサービスがよく、ハードコートに
慣れて自信ももっているのが
わかります。

それにしても第1セットから均衡。
タイブレークですね。
タイブレークは1Pもミスが許されないので
ここはナダルが落とさないですね。
7-6でナダル。

第2セットも錦織はペースを落とさず
意欲も落とさず戦い続ける。

ジョコビッチのように戦えばナダルには勝てる、
ということで、かなり研究はしているのかもしれない。
フォアの逆クロスとか、攻め方も決めている。

錦織が打つ、ナダルが守って返す
みたいなラリーだと、観客は錦織を応援しますね。
どんどんやれーみたいな感じで。
いやー自分のペース手動でゲームを支配できて
きているのが強くなっている証拠。

それでもあと1歩のところでとられてしまいますね。
ナダルの底力。
第2セットは7-5でナダル。

第3セットは4-2でナダルが勝っているところで
終わっていました。がーん。
試合時間は3時間でしたが、その間に
ナダルのシューズのくつひもが切れて取り替えに
行った(あまり見たことないハプニング)とか
手のマメのバンドを交換しているとか
いろいろ時間かかってますしね。

その後錦織が頑張って3ゲーム連取した
様子はあとでWOWWOWのオンラインビデオ
で確認しました。
第7ゲーム
ここでもあきらめずに先に攻めたり、深く返したり
厳しいボールを打ってブレークポイントをつかんでいて
なんとナダルがダブルフォールトで落としていました。

第9ゲーム
ナダル30-0でリードの後,
錦織のリターンが良かった。ラリーでもポイントをとり、
40-40のところでナダルが警告を受けて
サーブをセカンドサーブから、になってしまう。
ここで錦織がドロップ。
そのあともポイントを取り、ここもブレーク。
ややナダルが感情的になったか。

なるほどー。
ナダルと言えども、こんなに錦織にアグレッシブにされたら
どうしようか、と考えたことでしょうね。

錦織は第3セットのサービング・フォー・ザ・セット
第10ゲームは30-30の後のポイント
決めるべきポイントでミスが出たところが
惜しかったかな。

第3セットはまたタイブレークでナダルが勝利。
結局2回もタイブレークでした。

いい試合だったので
観客も応援や声援が凄かったです。
ナダルを脅かす錦織。
これでまた錦織のファンが広がったのでは
ないでしょうか。




さて、ナダルの次の相手も
次世代を担う若きプレーヤー
ディミトロフです。
錦織とのようなタフな試合になるのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント