2014インディアンウェールズでナダルは3回戦敗退

インディアンウェールズのマスターズ1000大会は
ナダルが昨年クレーコートの快進撃に続いて優勝した
大会なので、ハードコートにしては
ナダルに合っているのかな、と思っていた大会でした。
しかし、初回の2回戦のステパネク戦から
第1セットを落として、フルセットにもつれ込むなど
やや調子が悪いのか?
と危ぶんでいたら3回戦は若手のドルゴボロフ。

この前のリオ・オープンの決勝戦の相手ですね。
元気がいい若手。
そしてまたもや第1セットダウン。
フォアも調子が今ひとつですし、浅いですよね。
まあスピンをかなりかけてますけど。

ハードコートにしてはボールが遅いのでしょうけど
ドルゴボロフが前に入って打ち込んでくるので
後手後手に回ってしまいましたね。

どうもプレースタイルがうまくいっていない、という感じ。
それでも何とか第2セットはとったので
第3セットは波にのるか、と思いましたが
今ひとつでしたね。

まあこんなときもあるのでしょう。
前年の優勝者だし、ランキングNO.1だし
常に勝つことを期待していますが、
うまくいかないときもあります。





次は昨年スキップしているマイアミ大会。
まもなくですが、いつものナダルらしさで
戦ってほしいですね。

それにしても若手の躍進、
TOP4にも向かってきていますね。
楽しみです。

この記事へのコメント