North Land's News

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月鳥清の日本酒の会 一白水成の酒米比べ

<<   作成日時 : 2014/11/09 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月の居酒屋鳥清のイベント
日本酒の会の紹介です。
調布の柴崎駅近くの鳥清では
酒奉行の梅さんがいて、ときどき
日本酒の蔵の人たちに来てもらう
日本酒の会を実施しています。

ほぼ常連さんで埋まるのですが、
今回は店貸切ではなく、奥のテーブル席が中心。

秋田の蔵元、福禄寿酒造のお酒
一白水成のいろんな味を楽しみましょうという
会です。
テーブルは相席なので、
私たちのほかのメンバーも一緒なので
初めての人たちとも会話をしたりして
進みます。

蔵元の方も来てくださっていて、お酒の
紹介をしてくれます。
最初に出てのは、実は酒蔵から持ってきたものではなく、
鳥清さんにあった「袋吊り 純米吟醸」の生
これが瑞々しい味わい、フレッシュな味わいで美味い!
最初からこれなんですか。
画像


お酒のメニューはこちら。
酒米比べということで
純米吟醸でも5つあるんです。チャレンジャーですよね。
飲んでると忘れるので、飲むと感想を書いておこうと
思いました。
画像


これは仕込み水。ラベルがちゃんと貼ってあります。
梅さんからの注意。ちゃんとお水も飲みましょう。
画像


本日のお料理のメニューはこちら
秋田のお酒に合わせたメニューです。
画像


お刺身です。鳥清の海鮮は美味しいです。
画像


さて、次々と日本酒が出てきます。
最初の純米吟醸は美郷錦(みさとにしき)
あまり聞いたことがないですが、地元の酒米だそうです。
今まで飲んだことのないような味わいで少し酸味を感じますね。
画像


次の雄町 これは美味しかった。
何となく味を覚えている印象です。
これは残念ながらボトルを写していませんでした。

次に酒未来
これは十四代にも使っているお米ですね。
こちらも独特の味わいです。
やはり少し酸味があるかも。
画像


愛山です。
黒いボトル。
こちらはなんというのか、濃いというか厚みを
感じる味わいです。

小さいコップで試飲のように飲んでいき、
好きなお酒を後でどんどん飲むのですが
覚えていかないと忘れそう。
並べるとこんなになります。
画像


そして鍋が登場。
しょっつる鍋です。
お酒ばかり飲んでいるので食べ物も食べないとです。
画像


山田錦登場
やはり美味しいですね。
落ち着く味。
でも蔵元さんは、山田錦は西の米なので、北では作れないとのこと。
苦労があるんですよね。
画像


純米吟醸が一通り、出回ったら
特別純米が出てきました。
良心と吟の精。
お米の名前がいいですね。
純米の米の味の違いはもうあまり
覚えていなくて語れません。
あしからず。
画像


こんなにたくさんのお米の違うお酒を
飲んで、その違いに驚きです。
日本酒も米不足、と言われていますので
各地地元の酒米で作ろうという工夫があるんでしょうね。
あっという間に過ぎてしまった会ですが、
また次回が楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月鳥清の日本酒の会 一白水成の酒米比べ North Land's News/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる