マイアミ・オープン2回戦 ナダルがアルマグロに勝ち3回戦へ

アメリカのATPマスターズ1000の2つめの
トーナメントはマイアミです。
ナダルが勝てていない試合の1つです。

昨年は決勝まで行ったのに、ジョコビッチにストレート負けで
準優勝。今年はどうなるか。

フェデラーが不参加で
ナダルは第2シード。
錦織が第4シード。

ドローは比較的やりやすい様子。
でも2回戦がアルマグロだとしたら、最初が
結構大変です。昨年クレーコートで負けている相手です。

そして
練習のときにナダルが足首を痛めたというニュースが
入ってきたので心配してました。

朝2回戦の試合を見るのに早くから起きたのですが
6時過ぎていてもう始まってました。
第1セットで早くも1ブレークしていて
いい調子。
アルマグロは片手バックハンドが強烈で
フォアも強打をするタイプです。


しかし、ナダルがうまく振っていましたし
アルマグロのバックハンドの精度が今ひとつで
エラーが多かったです。

第10ゲームのナダルのサービング・フォー・ザ・マッチで
デュースになり
ブレークポイントを2本握られたのですが、
なんとか戻す。
でもここでダブルフォールトをして
また相手にマッチポイント。

しかしここでファーストをきっちり入れて
またデュースに戻すと
次のポイント、ラリーで相手にクロスに攻められるも
ナダル得意の左手フォアのダウンザラインが決まる!

全くどきどきさせてくれますよ。

第2セットもやや安定の欠くアルマグロの
ミスで早くも第3ゲームを先にナダルがブレーク。
第5ゲームでは面白いプレーが。
コードボールの処理でナダルが前でボレーに出る。
アルマグロのアタックを2回かわして、
次のボールがまたコードボールで、ネットに当たって
それたボールをナダルがうまくコントロール。
ここもブレークになり4-1

ナダルは走って拾っているし、デイフェンスが
いいのでアルマグロは早いボールを打とうとして
自滅気味。
フラストレーションがたまっている様子。

ナダルは第6ゲームでダブルフォルト2本もありましたが
何とかここはキープ。

第8ゲームでもダブルフォルト1本あり、
30-30になりましたが
そのあとはきっちり取りきりました。

ナダルが6-4、6-2で勝利。

足首も今のところ問題なさそうでほっとしました。

マイアミのコートは速い、ということでしたが
今日は風があったのか
アルマグロが打つバランスが崩れていたりしたので
結構風の影響もあるみたいですね。




この記事へのコメント