モンテカルロ・マスターズ準々決勝 ナダルがフェレールに勝利

どの試合でも準々決勝はシード勢同士が
多く、見応えのある試合となります。

ナダルは今回、昨年と同じ相手の
フェレール。
昨年は割と好調だったナダルに
積極果敢に攻めたフェレールが勝ちまして
準々決勝で敗退となってしまいました。
その記憶も新しいので、
フェレールは積極的でしたね。
そしてナダルもリベンジに燃えてました。

第1セットから激突の戦い。
しかしナダルが早くも第3ゲームでブレーク。
リターンが深いのとフォアハンドのストロークに
深さが出てきました。
これは頼もしい。
その後、ブレークポイントはあったものの
しのぎ、さらに第7ゲームを1ブレーク。
第8ゲームは最初のポイントをフェレールがとると
攻め続け、ナダルにミスが出てしまい
フェレールが1ブレークバック。
第10ゲームを守り切ってナダルが
第1セットを6-4でとる。

第2セットもナダルが最初にブレークして
2ブレークUPとしていたのに
第4ゲームでナダルがタイムヴァイオレーションを
受けてセカンドサーブになってしまう。
そのポイントはとったものの
次にドロップショットを選択し、ネットにかける。
ここでフェレールが攻めて
ここをブレークバック。

そして5-4で迎えたナダルのサービング・フォー・ザ・マッチ
第10ゲーム
ここで鉄人フェレールが諦めずに攻める。
本当にタフな選手です。
ここで少し守りに入ったのか
フェレールにブレークされてしまう。
6-5になった第12ゲームもフェレールがブレークして
第2セットはフェレールが7-5でとる。

うーん、2セットで取り切りたいところ。
フェレールのパワー全開で仕方がないか。

とにかく精神的に弱気にならず、攻めてほしいよ、
ナダル。と、最近の3セットマッチにはどきどきしながらの
応援になりました。

ナダルはその通り、気持ちを切り替えて
第3セット第1ゲームをブレーク。
戦略も変えて、ストレートに展開してポイントをとる。
第2ゲームも積極的にボレーに出てポイント。
そしてナダルの得意なフォアハンドの逆クロスも
出てきました!
これは凄い。
第6ゲームでブレークポイントを握られながらもしのぎ、
パッシングが成功。
そして最後はサーブで攻める。
フェレールは気持ちが入りすぎてネットやミスが出てきたので
そこも冷静に見ることができたのでは、と思います。

5-2で迎えた第8ゲーム
サービング・フォー・ザ・マッチ
ここの最初のポイントはフェレール。
全く諦めないフェレールも素晴らしい。
0-30になってしまい、ここを切り抜けないと
また第2セットのようになってしまう。
どうするナダル。

しかし、ファーストをきっちり入れて
相手のミスを出し、
次もセンターサーブと逆クロスのセオリーで
冷静にポイントをとる。

そして取り切りました!
長い試合でしたが、第3セットのメンタル、フィジカルは
素晴らしかった。

6-4、5-7、6-2でナダルの勝利。
いい試合でした。





次はジョコビッチとの準決勝。
ジョコビッチはチリッチとの対戦で快勝。
まったく無駄のないテニスをしている様子です。
決勝ではないので残念ですが、
ジョコビッチをどれだけ脅かせるか、
楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント