勝沼の温泉とビストロランチの日帰り旅

ゴールデンウィークの最終日、日帰りで勝沼へ
ぶらり旅してきました。
出かける先をあれこれ考えて
マストに入れたい温泉と、美味しいものを食べたいの2つ。

混んでいるところもできるだけ避けたい、
ということで、鈍行電車日帰りで行ける勝沼にしました。
ぶどう狩りシーズンではないけれど
ワイナリー巡りもぶらぶら楽しめそう。

朝8時半過ぎ、京王線高尾駅から中央線に乗り換え。
勝沼ぶどう郷まで大体1時間半くらい。
中央線で遅れが出ていたので早めに出て正解。

勝沼ぶどう郷駅では、まず駅の線路沿い左手方向に
大日影トンネルがあり、遊歩道になっているので
そこに行ってみました。
トンネルの奥にはワインカーブがあるようなのです。
昔のトンネルですね。
いまのトンネルの右手側にあるのです。
中はひんやり。片道30分ということなので
途中までで引き返しましたが
夏の暑いときにはいいかもしれません。
画像


明治36年(1903年)から使われていたということです。
画像


トンネルを戻ってくると
駅が高台にあるので、見晴らしのいいところに出ます。
南アルプス一望の場所。
北岳が見えていたので、山がよくわかりました。
画像


温泉は、ぶどうの丘の「天空の湯」
市民バスにのってぶどうの丘へ。
ぶどうの丘でも山並みが見えました。
気持ちのいい景色

ここにお風呂があるのですが、
天然温泉。アルカリ泉質でさらっとしています。
露天風呂もあって、ぶどう畑など見下ろせるので
とても気持ちが良かったです。
お昼前だったので、人もほぼいなくて
露天風呂貸切状態だったので、のんびりできました。
入浴料も610円と手頃。タオルは持っていったので大丈夫でしたが
貸出はないので買うか、用意をしていくといいです。
画像


さてこれで12時くらいですが、
ランチは13時30分に予約していたので、
少し散歩してワイナリー見学でもしようかと。
ぶどうの丘から下って歩いていける
原茂ワインに向かってみました。
途中のぶどう畑。ぶどうの葉がもう育っています。
画像


原茂ワインです。
ここでは古い蔵を使ったカフェがあるので、そこで一休み。
混んでいたので、ちょっと待つ間
ワインの試飲をしてました。
画像


2Fがカフェになっていますが、
ランチはランチプレートとカレーの2種類くらいの軽いもので
あとはおつまみ系です。
ランチは後で食べるので
ワインとチーズとパン。サラミもオススメだったので追加。
パンが美味しいんですよね。
ワインは白のハラモ ブラン
さっぱりして飲みやすい。
画像


ここでランチの時間に間に合うようにタクシーを呼び、
BISTRO Mille Printemps(ビストロ ミル プランタン)へ。
勝沼にしばらく来ていなかったら、いいレストランが
何件かできていますね。
郊外のほうにある一軒家の洋風レストラン。
中はこじんまりしているので予約がオススメです。
前日に電話したのですが予約できて良かった。
画像


ランチメニューとコースメニューがありますが、
ランチメニューで3つの種類から選択。
魚、豚肉、牛肉です。
私は豚肉、ポークにしました。
アンポ柿のソース。少し甘目のソース。
ワインは近くのワイナリー、くらむぼんワインの赤。
サラダ、パンと飲み物がついて1850円ほどと
お手軽なコースです。
窓からぶどう畑も見えるし、のんびりできます。
画像


ランチの後、右手に歩くとJAがあって
勝沼のワイン、お土産が買えました。
ハラモブランがあったのでそれを購入。

もう帰る予定の3時15分の電車に乗るために
タクシーを呼んで駅へ戻りました。
帰りも鈍行でしたが、座ることができ、
発車すると同時に寝てました。
遅くなると座れなかったでしょうから、いいタイミングだと
思います。

早速、その日の夜にハラモブランを楽しみました。
画像



 




この記事へのコメント