ウィンブルドン2回戦 ナダルがまさかの敗退

2回戦でナダルがダスティン・ブラウンに
1-3で負けてしまいました。
以前にゲリー・ウェバーオープンで負けたことがあるのですが
それはクレーコートから芝への切り替えで準備不足が
あったことも要因でした。

今回は準備していたので
警戒するもナダルが負ける相手ではないと
思っていました。

まあ相手はかなりナダルにプレーをさせまいと
ドロップショットを打ったり、一発のショットで
積極的なプレーでした。
ナダルも面喰って焦ってはいたでしょうけど、
第1セットブレークされて、ブレークバックしたのは
良かったのに、またブレークされてとられたのは
痛かったです。

第2セットは盛り返してきましたが
第3セットが問題。
第5ゲームでブレークされてしまいました。
ダスティン・ブラウンの積極的なプレーにナダルの
ミスも出てしまいました。
そして第3セットはダスティン・ブラウン。

セカンドサーブはもとより、ファーストでも
リターンを狙ってきていましたので
サーブにかかるプレッシャーがあり
いつもよりサーブが入ってなかったと思います。

あとは、トニーコーチも言っていたように
フォアのミス。
心理的に押されてしまった結果だとは思いますが、
精神面でまだ以前の強いナダルに戻ってきて
いないのかな、と思います。

でもまた必ず強いナダルに戻ることを信じて
応援しています。




この記事へのコメント