東京都庭園美術館 アール・デコ旧朝香宮邸見学

夏休み中に庭園美術館へ行ってきました。
現在、アール・デコの邸宅美術館展ということで、
平日に行くと旧朝香宮邸の中の写真が撮れるのです。
多分、土日は混雑しているので無理なんでしょうね。

洋館の中の写真を撮れるというのは嬉しいので
8月14日の金曜日、まだまだ暑い最中ですが、
目黒まで出かけました。
駅から5,6分ほどで、緑に囲まれた敷地が見えてきます。

門の入口から入ると周りの木々が高いので
まるで森の中に入るような気分です。
都心なのに、驚きです。

旧朝香宮邸です。
シックで落ち着いた色合い。
今年の7月8日に重要文化財に認定されたようです。
画像


邸宅はフランス人の芸術家に設計を依頼したということ
なので、それぞれの部屋、家具どれも素敵でした。

正面玄関扉のガラスはルネ・ラリックの作品です。
素敵なので、
これを見るだけでも来たかいがあります。
画像


椅子とテーブルはいくつかあるのですが、
どれもおしゃれ
写真はOKですが、触るのはNGなので、椅子に腰かけて、は
無理でした。
画像


こちらは香水塔
この邸宅の設計にかかわったアンリ・ラパンのデザイン
上の照明部分に香水を入れていたようです。
画像


天井から下がるシャンデリアも
それぞれ違うのですが、
大客室はとてもおしゃれです。
画像


大客室の暖炉
画像


大食堂は円形
窓から見える緑も美しい。
画像


階段の手すり部分も
おしゃれ
画像


書斎です
画像


こちらは2階にあった椅子。女性用なんでしょうが
背もたれの曲線がいいですね。
画像


姫宮の居間
窓が大きくて
庭が見えるので、気持ちがよさそう。
床は寄木です
画像



本館の後、新館も見られるのですが、そちらは写真撮影禁止です。家具やポスターなどの展示が見られました。
カフェもありました。

庭も広々です
画像


以前一度来たことがあったときに立ち寄ったカフェは
もうその場ではやっていなくて、新館のみにありました。
平日の割には、来訪者もそれなりにいて、カフェも満席でしたので
ティータイムはとれませんでしたが、
アール・デコ建築、満喫しました。

東京都庭園美術館のHPでは
各部屋の紹介をしていますので
こちらを見るだけでもかなり雰囲気は伝わると
思います。
東京都庭園美術館のHP


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント