ロジャーズカップ準々決勝 ナダルは錦織に敗れる

ロジャーズカップの準々決勝で
ナダルと錦織が対戦。
久しぶりの対戦ということは
昨年のマドリッドオープン以来ですかね。

あのときはクレーコートでしたが、
今回はハードコート。
好調な錦織のほうが有利。

第1セット第1ゲームをナダルがキープしたので
順調な滑り出し。
第2ゲームではナダルのほうにブレークポイントが。
しかし錦織が第2ゲームをとると
第3ゲームからはどんどん錦織ペースで
ラリーが浅くなるのを攻めていく。
ここでブレークすると
第5ゲームでブレークと、2ブレークで先行し、
第1セットをとる。

ナダルのファーストサーブの確率はなんと48%

第2セットも2ブレークされてしまうが
第6ゲームで錦織のファーストが入らなくなると
ナダルが攻めてこのゲームをブレーク。
ここから巻き返しなるか、と思ったが
無理でした。

ダブルフォルトも6本だし、
ファーストサーブ確率が低く、セカンドサーブで
錦織に攻められ、前に入って攻めるので
楽にウィナーを決められてしまいました。

これは錦織の完勝でした。

ナダルファンとしては痛い試合になりました。
試合中にいろいろ修正できてくるのが
TOP選手の強さなのですが、
そこがまだ戻ってきていない気がします。
全米オープンまで、サーブも含めて
どれだけ修正してくるのか、
とにかく応援するしかありません。

錦織は戦略通りでしょうし、マッドリードの悔しさを
晴らしたと思います。
このレベルでプレーしていたら
まさしく全米オープンの優勝候補になると思います。




この記事へのコメント