イタリア国際決勝 マレーが疲れの残るジョコビッチを制して勝利

イタリア国際の決勝
錦織は残念ながら惜しくも準々決勝で負けてしまったので
結果、マレーとジョコビッチの対戦

しかしジョコビッチはナダル、錦織との接戦続き。

マレーは余裕があり
さすがのジョコビッチもここを凌ぐことはできなかった、という
ところでしょう。
それでも最後のポイントは両者拾いあって凄いポイントになりました。

6-3、6-3でマレーの勝利。
マレーは昨年マドリードで優勝していますが
この時のナダルよりも
今年のナダルに勝ったのが自信になっていますね。

イタリア国際での優勝で
全仏にも自信を持って臨んできそうですね。

これでATPマスターズ1000の試合は
ジョコビッチの独壇場から
クレーではタイトルを3人分けとなりました。
ナダル、ジョコビッチ、マレー
まだまだBIG4が強いです。

追い上げてくる若者もいますが
錦織はやはりランキング通り、一番BIG4に
肉薄してきましたね。

錦織もジョコビッチがやや足を気にしていたとしても
もう少しのところまで追いつめたので
全仏には気合いを入れてくるはず。

ひょっとしたら
凄い混戦試合になるか、今年の全仏は見ものです。
とにかくドローが気になります。




この記事へのコメント