USオープン4回戦 ナダル、フランス若手のプイユにフルセットで敗退

USオープン4回戦でナダルは若手のシード選手と対戦
フランスのルカ・プイユ 22歳
あまり試合を見たことがないので
どんなプレーヤーかわからなかったのですが
若くて第24シードがついているので、最近上り調子だと
いうことはわかります。
そんな若手と4時間超えの熱闘になりました。

試合は寝過ごしたので、第1セットをすっかり見逃してしまい
第2セットに入っていて、
なんと1-6で負けているではないですか!
何が起こったのか、
ナダルの調子が悪いのか
相手がもの凄いビッグサーバーだったのか、と
慌てて試合を観戦

確かにストロークがいい選手
リターンがいいですね。
サーブの見極めがいい。

第2セットは先にナダルがブレークしたので
何とかこれで盛り返すのか、と続く第3セットを期待。
しかし、若いが冷静であまり感情的にならないのか
見せないのか、崩れないプイユが
変わりなく積極的に攻めてきたので
第1ゲームでブレークされてしまう。
ここがもったいなかったかな。
結局そのあとブレークできずに第3セットはプイユ

2-1と1-2ではメンタル的にも違うはず。
後がないナダルだったが、そこはベテラン
第1ゲームをきっちりキープし、第6ゲームで
ブレークしてこのセットを取る。
第4セットはかなりナダルがギアを上げてきたので
第5セットも波に乗れるか、と思いました。

第5セットはナダルが先にブレークして
プイユにミスが多くなり
チャンスだと思ったのですが、
強気で攻めてくるプイユに対し、
ボレーなど前に出るプレーが増えるナダル。
第8ゲームでラリー負けして30-30になったところで
ドロップをするのだが、これが甘くて浮いてしまう。
これは選択ミスかなー。
ブレークポイントを握られ、
1本返してデュースになるものの
この後2本取られて、ブレークされる。

はあ、このあたりからちょっとどうなるかわからない
展開が続きました。

第9ゲーム ここも凄かった。
ナダルは拾いまくってました。
スマッシュまで拾ったミラクルポイントが
ありました。ただ、ここで取り切れない。

そしてついにタイブレークへ。
ナダルは最初ミニブレークしたものの、
その後、ミスをしてしまい
3-6の大ピンチ。
もはやここまでか、と思ったら
粘りのナダル、なんとその後のサービスポイント2つを
きちんととって、
相手のミスも出て6-6に。
いやー観客も大歓声でした。

しかしこの後で、攻めるポイントでなんとネット
力みましたね。
最後のラリーは両者、慎重になってしまっていましたが
ここで積極的に攻め続けたプイユがダウンザラインを
打ち、ゲームセット。

ナダルは諦めてはいなかったですが
最後の最後、優位に立てなかったのが
厳しかったですね。

プイユはワイドのサーブもとるし、
レシーブで後ろにいても、ラリーで前に入ってくるので
深いボールがくるから
ラリーもミスが少なく、いい攻めでした。
本当に若手の躍進、凄いなあと改めて感じる試合でした。

ナダルは怪我からの復帰の道のりで
すべて完璧ではなかったですが、いいプレーもあったし
この先後半のツアーもまだあるので
少し休んで、また活躍してもらいたいと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント