North Land's News

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリア国際 ナダルがついに今季初優勝

<<   作成日時 : 2019/05/20 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年のイタリア国際はアーリーラウンドで雨のため1日潰れて
2回戦を勝った選手は同じ日に3回戦を行うという
ダブルへッダーで過酷な日程になりました。

ナダルは2回戦シャーディーに対し、6-0,6-1
3回戦のバシラシビリに対して、6-1,6-0
という強さで勝ち上がりました。ベーグル立て続けって今までにないのでは。

準々決勝は、シード選手が勝ち上がった場合はティエムとの
対戦だったのですが、ベルダスコがティエムに勝って勝ち上がり
ナダルと対戦。
第1セットは拮抗したものの、第2セットは6-0で取るなど
やはり2-0で勝ち上がり。勢いがついています。

準決勝はチチパス。チチパスの準々決勝の相手、フェデラーが、やはりダブルへッダーを行い、3回戦のチョリッチ戦はファイナルセットまで行ったので、足にきたらしく、準々決勝をリタイア。
チチパスは余裕をもって準決勝へ。

ナダルはチチパスにマドリードで敗戦したので、ここは
挽回。先にブレークして隙を見せず6-3、6-4で勝利。
クレーでは今年初めて決勝へ。

一方、TOPハーフでは、ジョコビッチが勝ち進む。
若手のシャポバロフ、ベテランのコールシュライバーにストレートで勝ち、準々決勝はデルポトロ。
この試合が凄かった。デルポトロのフォアの強打が素晴らしく、
ジョコビッチを追い込んで、第1セットデルポトロ、第2セットはタイブレークになり、マッチポイントを握る。
が、ジョコビッチが凌ぎ、第セットを巻き返して、2−1で準決勝へ。

準決勝の相手は錦織に勝ったシュワルツマン。
錦織もシュワルツマン戦でミスが出てしまい、ダブルへッダーの
疲れがあったかも。

ジョコビッチ対シュワルツマンは、なんとフルセット。
頑張ったなー。シュワルツマン。
さすが、クレーに強い選手。

決勝が第1シード対第2シードというと当たり前な感じですが、
今回はATPマスターズ1000のタイトル数がちょうどイーブンなので
どちらが勝つか?なんてことまで報道されていました。

でもナダルはとにかく一歩一歩進んできてついに決勝まで
きたので自分のやるべきことをやるだけ。
楽しみな決勝戦。のはずでした。

が、ときには期待と違う試合のときもあります。
第1セットはジョコビッチのフィジカルがいつもとは違っていて
連戦の疲れが出ていたと思いますし、
どこか故障しているのか?と思うくらいでした。
特にバックハンドが強く打てないし、エラーになる。
ガス欠、という印象。

ナダルが6-0でとりましたけど、正直こんな決勝なのか、と呆然。
周りが期待する熱戦とは全くちがいますからね。

で、ジョコビッチが凄かったのは、満員の観客を前にして
このままではいけないと思ったのか、第2セットからは
動きました。
急に打ち出して角度をつけたり、サーブも狙ってきました。
第1ゲームをラブキープ。
やっと観客も声を出す。

ナダルはこの勢いを押さえていきたいところだったけれど、
第7ゲームで0-40と3度のブレークチャンスをものにできず
反対に第10ゲームでブレークされて、セットカウント1−1で
ファイナルセットへ。

しかし、また強気になったナダルのペースにジョコビッチがついていけない。
第3セットは6−1でナダル。

嬉しさをかみしめるナダル。
でも本来のジョコビッチとなら、もっと緊迫していただろうな、とは
思います。
それでも自信をつけてきて、全仏を迎えるのですから楽しみです。
本当に優勝、おめでとう。

そして今回嬉しいのはデルポトロが戻ってきた!ということですね。
全仏でも活躍してくれるでしょう。
ドローが気になりますけど、優勝候補の1人になるはずです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタリア国際 ナダルがついに今季初優勝 North Land's News/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる