フレンチ・オープン ナダルは難敵と強打者に勝ち、準々決勝へ

フレンチ・オープンの3回戦
ナダルはゴファンと対決。
1,2回戦が予選勝者だったので3回戦にシードプレーヤーと
対戦するのはペースアップにはいいかな。

錦織の試合が長引いていたため、第1セットはまったく見られず
チェックすると第1セットはナダルが6-1で取る。
第2セットもナダルが6-3で取る。
ここでもう大丈夫な気がしてもう録画にしてしまいました。

そして、翌日に勝利を確認も、
第3セットはゴファンが取っていました。
1セットダウン。

ナダルが悪くなったというよりは、ゴファンが
積極的になって攻めてきて、1チャンスを生かした
という状況。

第4セットもゴファンが攻めているが
第4ゲームでナダルが左右に振ったり、バックハンドを攻めて
先にブレーク。この後を守り、結果は6-1,6-3,4-6,6-3で勝利。

ゴファンは今はランキングは少し下がりましたが
やはり上手いですね。

4回戦はアルゼンチンのノーシード選手、ロンデロと対戦。
とにかく強打でガンガン打ってくるタイプでした。
しかし、慌てないナダルが守り、隙を攻めるので
6-2、6-3とセットを取る。
第3セットはしかし、相手に1ブレークされてしまう。
相手から見るとやるしかない、ということで打ってきますからね。
以前のハチャノフみたいなタイプかな。
勢いづくと手がつけられない。

でもナダルはしっかり守るので、強打も打ち返すし
どこに打とうか、という焦りでミスが出てくるんですね。

結果、6-2,6-3,6-3でナダルの勝利。
これで準々決勝へ。

相手は錦織かペール。
この試合がもつれてサスペンデッドになり、
今日続きをやっていましたが、もうどっちが
勝つかわからない展開。
ペールがあんなに粘るとは。
地元フランスの声援が力をくれたのでしょうね。

最終セットにもつれ込んで、一時はペールが先にブレークし、
錦織が追いつく。
その後もまた同じようなことがありましたが、
錦織が我慢しながら攻めるのをやめなかったのが
最終的に勝利に結びつきました。

これでナダルの相手は錦織です。
楽しみですね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント