ウィンブルドン ナダルが2回戦キリオス、3回戦ツォンガに勝利して4回戦へ

ウィンブルドン2回戦 ナダルの相手はキリオス
キリオスとの対戦成績は3対3と、苦手な相手。
過去、初対戦でキリオスがナダルに勝ったこともあり、
注目のカードとなりました。

ナダルは気を引き締めて入っていました。
立ち上がり、あまり調子が出ないキリオスに
対してナダルが先にブレーク。
第1セットはこのブレークをいかしてナダルが取る。

しかし第2セット、キリオスはボレーを
多様してポイントを取るようになってきました。
サービスも早い。
ただ、態度は目につくものがありますね。
ぶつぶつ言ったり、主審に文句を言うなど。
鋭いリターンでナダルのミスを誘い
第2セットはキリオスの6-3

夜中の試合なので、めどがつくところまで見よう
と思ったけれど、このままだとわからないので
肝心の第3セットも観戦。
しかし、両者サービスキープが続く。
第9ゲームでナダルが前に出てきたときにキリオスが
スピードボールをナダルの正面に打ってきました。
これをうまくナダルは処理しましたが。
厳しい目で相手を見ていましたね。

そしてゲームはタイブレークへ。
タイブレークはサービスが強いほうが有利ですが
ナダルはキリオスのサーブをよくリターンし、
先にミニブレーク。そして取り切る。

第4セットへ。もう3時過ぎだが、この後
取り切るまでは眠れない。
キリオスはセンターのサーブがよく決まっていて
両者集中が続いて、緊張感が続いていい試合でした。
そしてここもタイブレークへ。

ファーストポイントをキリオスがボレーミス
して、ナダルがミニブレーク。
こういうところで気持ちの余裕も出て優位に立ち
タイブレークを制して、
結果6-3,3-6,7-6,7-6でナダルの勝利。

ナダルは珍しく先に審判と握手をしていました。

やりにくい相手でした。
レシーブのときに動いたり、アンダーサーブも2本
やっていました。

ナダルは浅いボールになるとキリオスが前に入って
くるので、甘いボールにならないよう、
深くコントロールしていました。
さすがです。

3時間超えの試合で、結局全部見てしまい
4時前に就寝。寝不足に注意ですね。

3回戦はツォンガ
今はランキングを落としていますが、サービスが強い強敵
両者いい立ち上がりでしたが、先にナダルがブレーク。
ナダルが冷静に、そして優勢に試合していました。
6-2,6-3,6-2でナダルが勝利。
ツォンガは故障からの復活で、ツアーに戻ってきたので
これから試合勘を取り戻して上がってくると思います。

試合は第2ウィークへ。
若手がほとんどいなくなりましたが、
誰が勝ち上がるのか、楽しみです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント