ウエスタン&サザンオープンの波乱 シード勢がダウン、西岡は準々決勝へ!

ウエスタン&サザンオープンがとんでもないことに
なっています。

2回戦がすでに鬼門
第5シードのチチパスはシュトルフに敗退、
第7シードのズベレフも敗退、
そして第6シードの錦織が、西岡に敗退。
3人もですよ。

これにはびっくりでしたが、
錦織は具合が悪そうでしたね。
USオープンの前哨戦なので、準備をしたかったところですが
体調が悪いときには無理をしないほうがいいので
体調を整えてもらいたいです。

西岡はのびのびいいプレーをしてそれが3回戦にも続きました。

3回戦
西岡がデミノーにストレート勝利!
ラリーに負けないで、
我慢強く付き合いつつも、自分からコースを変えて変化をつけて
打っていて、相手にミスを誘いました。
ベスト8です。
素晴らしい!

さらに驚きなのですが、フェデラーがルブレフに
敗れてしまいました。3回戦敗退とは!

ちょうど夜中の試合なので見ておらず、
朝起きたら、負けていた!
何が起こったのか。
何かでサマリーを見たいと思います。
ロシアの若手選手で、まだ21歳ですが、一時期活躍して、
最近は少しランキングを落としていますが、ガッツある選手。

ロシアの若手では、メドベージェフ、ハチャノフとTOP10入りしている23歳たちがいるので、
若手が伸びてきています。

これで準々決勝は下記の通り

ジョコビッチ VS プイユ(3回戦でハチャノフに勝利)
ルブレフ VS メドベージェフ のロシア対決
バウティスタ・アグート VS ガスケ 30代ベテラン同士の対決
西岡 VS ゴファン

8人のうち、20代が5人で、いよいよ若手が進んできました。
しかもTOP10にいる選手以外が活躍ですからね。
面白くなってきました。

まあ見たところ、かなりジョコビッチは盤石の構えと
いったところですが、脅かしに行けるのは誰か?
気になりますね。






この記事へのコメント