USオープン4回戦 ナダルは1セットダウンするもチリッチに勝利

ボトムハーフの4回戦は、ナダルVSチリッチが最終試合
その前の試合で、ルブレフがベレッティーニに敗退、
ズベレフがシュワルツマンに敗退、となってしまいました。
予想がつかないですね。

そして勢いのあるモンフィスが
アンドゥハルにストレート勝利。
モンフィスは体が元気になってきて、プレーもいいようです。

さて、ナダル対チリッチ戦
注目の第1セット
両者最初のサービスゲームをきっちりキープする
締まった立ち上がり。
最初にブレークしたのがナダル。

しかしすぐにチリッチもブレーク。
だがすぐさまナダルも第6ゲームでブレーク。
2ブレークしたナダルが6-3でとる。

第2セット
チリッチが反撃。
攻めを続けて、ナダルを後ろに下げ、ナダルの
逆をつくショットで優位に進める。
ナダルは少し力んでしまってミスが出てしまいました。
第2セットはチリッチが6-2でとる。

第3セット
ナダルはセットを取られたことで、よりアグレッシブに
なってきました。セカンドサーブのときのリターンポジションも
かなり前になり、積極的にアタック。
第4ゲームではスーパープレーが2本
バックのハイボレーと
チリッチのスマッシュ2本めをなんとパッシングショット!

自分のいいプレーが出ると、ますます勢いがついて
乗ってきましたね。
6-1でセットを取る。

第4セットも勢いはナダルにあり、ますます元気に
走る、打つ。
チリッチに焦りが出て、打ち急いでミスが出る。
第1ゲームをダブルフォルトで落としてしまう。
ナダルはこの試合、サービスもよく、エースも10くらい出していましたね。

そしてついに5-2の後で迎えたサービング・フォー・ザ・マッチ
最初のポイントはダブルフォルト
次のポイントはチリッチがせめて、0-30
しかし、次はワイドのサービスエース。11本目。
次もボレーを決めて30-30とイーブンに。

その次のポイント、チリッチに攻められて、ボレーをされるも
そのボレーをコートの反対側まで走って取り、ネットの外から
コートに入れるスーパーショット!
もう観客も凄い歓声!
凄かったなあ。
次のポイントもきっちりとって
6-3、
2-6
6-1
6-2で勝利。

セットを取られても、攻撃的なスタイルを続けていく
ということで、相手にプレッシャーをかけていっていましたね。
さすがです。
本当に元気です。
今年のナダル。

タイガー・ウッズが応援に来ていて
インタビューではゴルフの話題も出ていましたね。

さて、次は準々決勝。また熱戦になりそうです。

この記事へのコメント