USオープン準々決勝 フェデラー敗退、ナダルは準決勝へ

USオープンも後半戦 
準々決勝も熱戦続き。
フェデラーVSディミトロフは
なんとフェデラーがフルセットの末、敗退。
ディミトロフが勝ち上がりました。

フェデラーは調子が良いと思っていたのですが、
何かしら、体の不調もあったようです。
途中でメディカルタイムアウトを取っていました。

ウィンブルドンで惜敗したフェデラーが全米でリベンジするか、
も見どころだったのですが、残念でした。

ワウリンカVSメドベージェフは、メドベージェフが勝利。

そしてモンフィス対ベレッティーニは
なんとベレッティーニがフルセットで勝利。
最後はタイブレークで、モンフィスも頑張って
いましたが、ベレッティーニが取りました。

ナダルVSシュワルツマン
ナダルは第1セット第1ゲームをラブゲームで
キープ。そして第2ゲーム、第4ゲームをブレークし
4-0と優位に進めるも、その後シュワルツマンの反撃にあい、
4-4へ。
第9ゲームもブレークポイントを握られながら、
サーブで戻し、もつれるゲームを何とか取り切る。
そして第10ゲームを取りにいく。
セカンドサーブを叩くなど、アグレッシブ。
スライスを使ったり、ボールの変化をつけて
相手にミスを出させて、このゲームをブレークして
第1セットを6-4で取る。

第2セットも同じような展開で、
ナダルが先にブレークして、5-1と優勢に。
しかし、そこからまたシュワルツマンに反撃される。
第7ゲームはナダルがボレーをするのをシュワルツマンが拾う
スーパープレーが出る。
ここでさらに元気になったのでは。
ナダルも外からいれるフォアのストレートなど
見どころの多いゲームだったのですが
ここをシュワルツマンがブレークし、
その後も1ブレークして
ついに5-5

でもナダルは強い気持ちで、攻める姿勢をつらぬき
第11ゲームをとって6-5に。
第12ゲームシュワルツマンのサービスゲーム。
ここのファーストポイントを取り、ナダルが
ゲームを取りにいくためにしかける。
シュワルツマンはプレッシャーがかかったのかダブルフォルト。
ナダルは球種に変化をつけ、高いループボールを使いながら
相手のすきを狙って打つ。
ここをブレークして
第2ゲームを7-5で取る。

第3セットの出だしはまだ危うかったのですが、
それぞれキープで
第3ゲームまで終了したあと、ナダルが左腕をマッサージ
してもらう。メディカルタイムアウト。

フェデラーのことがあったので気になりましたが
痛みがあったというよりは、ハリがあったのかな。
その後、少しミスは出ましたが、
最後まで強い姿勢で、6-2でとり、
結果はストレート勝利。

ふうー。ほっとしました。
でもついに、20代選手たちがベスト4に残り、
躍進してきました。

好調なメドベージェフ以外は、
正直、意外な顔ぶれではあるのですが
ついに大会もあと準決勝、決勝を残すのみ。

わくわくしてきました。


この記事へのコメント