2019デビスカップ スペインがシングルス2勝し、6度目の優勝

デビスカップ決勝は
スペイン対カナダ

第1試合はオジェアリアシム対バウティスタ・アグート
若手対ベテランの構図
バウティスタ・アグートはデビスカップ中に
お父さんが亡くなったとのこと。
その後で戻ってきて、試合をしたというのが
凄いですね。

この第1試合で、バウティスタ・アグートが勝利したのが
スペイン優勝のための第1歩。

第2試合はシャポバロフ対ナダル
ここも若手に対して、NO.1が対峙。
もう絶対勝つしかない、という試合で
第1ゲームから気合が入っていました。

相手のサービスゲームに常にプレッシャーをかけていました。
先にナダルがブレークし、6-3で第1セットを取る。

第2セットはシャポバロフが少し冷静になったか
思い切りのいいプレーで
深いいいボールを打つようになり、
ナダルが下げられる場面も。
しかし、サーブがキレキレで、
肝心なときにサーブポイントで凌ぐナダル。

ハードコートで勝ててるのは、このサービスと
ラリーを長引かせず、早いタイミングで
攻める戦略にあると思います。
第2セットは6-6になりタイブレークへ。

このタイブレークは先にシャポバロフが
ミニブレーク。
ナダルもいいリターンですぐ返す。
などシーソーゲームのようで
どうなるかわからない展開で、かなり焦る。
ナダルが6-4でマッチポイントを握るも
ここで前に出たナダルに対してパッシングショット。

そうすると今度はシャポバロフに
セットポイントが。

ナダルはこの後、センターに2本続けて
いいサーブを打ち、
ナダルにまたマッチポイント。

シャポバロフのサーブで
ワイドサーブをナダルがリターンし、
シャポバロフがダウンザラインを狙うも
これがネットし、ゲームセット。
6-3、7-6でナダルが勝ち、スペインが勝利。

ナダルはコートに大の字。
そこへバウティスタ・アグートが
飛びついてくる。
デビスカップならでは、ですね。
ナダル、本当にダブルスでも戦って
試合しすぎでしたが
この最後の試合でも、自分にゲキを飛ばし、
気合を入れていました。
メンタル強いです。

スペインは8年ぶりの優勝。
ベテランとナダルが引っ張った優勝ですね。
本当にみんな嬉しそうでした。

ナダルは本当に頑張ったので
この後はゆっくり休んでほしいですね。
短いオフシーズンですが
来年の活躍も応援したいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント