ATP CUP準決勝 ナダルが逆転でスペイン勝利

2020年のシーズンスタート
ATP CUPという新設の国別対抗戦がオーストラリアで
始まりました。
グループ別の総当たり戦から1位の国だけで
決勝戦を戦う。

日本はスペインと同じグループで2勝同士で
戦ったのは凄い。錦織抜きでも力がついている
ことを証明できました。
1月4日にテレビで放映していましたね。

スペインはナダルがダブルスまで出て
張り切っていますが、どこかで放映していないか
探していて、ケーブルテレビのテレ朝チャンネルで放映しているのが
わかり、ベルギー対スペインから見ることが
できました!

しかし、シングルス2で、ゴファンにナダルが負けて
しまいました。
ゴファンの調子が戻ってきましたね。
ナダルは第1セット取られて第2セットもブレークポイントを握られながらタイブレークへ突入。
しかし、ゴファンの勢いに押されてしまいました。

その後、ナダルはダブルスにも出場し、この試合は見なかったのですがダブルスに勝利して準決勝へ。

昨日はオーストラリア戦。
てっきりナダルの相手はキリオスと思っていたのですが
今はデミノーのほうがランキングが上。

キリオスはバウティスタ・アグートと対戦。
バウティスタ・アグートが落ち着いてプレーし、
ストレートで勝利。

ナダルはデミノー戦、最初のゲームをブレークされる。
疲れがあるだろな、と思います。
でも、デミノーは若いのに(20歳)ものすごい集中力で
アグレッシブに攻めて、その後のサービスゲームを
取り切り、6-4でデミノーが第1セットをとる。

第2セットはナダルもサービスゲームに安定感を
増してきたものの、デミノーのサービスゲームを破れない。
ワイドサービスからストレートの展開が速く、しかも
ラリーも危うい態勢からでも返球し、それが入る。

デミノーは地元の応援もあり、ゾーンに入っていて
なんでも攻撃的に打ち抜いてくる。
これはナダルもなかなか厳しい。

ぱっと見は線が細くて、まだまだ、と思うけれど
とにかくしぶといし、先にしかける、というのが気持ちがいい。

第2セットナダルのサービスから始まって6-5とイーブンの後の
第12ゲーム デミノーのサービスゲームで
ラッキーなコードボールもあり、やっとナダルがブレークし
第2セットをものにする。

第3セットは少しずつデミノーの攻撃もアウトになり、
ずれてきている。
やはり第3セットまで同じレベルでプレーをし続けるのは難しい。
4-0とナダル一方的になるのか、と思われたときに
またデミノーが復活。
第5ゲームをブレーク。
観客も沸きます。

けれどナダルはきっちりこのあとを決め、
結果、4-6、7-5、6-1で勝利。
スペインの決勝進出を決めました。

さすがにダブルスは出場しませんでしね。

今日は決勝戦。
ジョコビッチのいるセルビアです。
ジョコビッチも準決勝で、メドベージェフに第2セット取られて
2-1で勝利しました。
若者世代が確実に伸びてきていますね。

それにしても全豪オープンを前に
ガチンコ勝負。
全力で対戦するだろうけれど、
怪我無く乗り切ってほしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント